SocketHook

製品概要

SocketHookコンポーネント(以降、SocketHook)は、Windowsの通信APIであるWinsockをフックし、connect、send、recvといったWinsockAPI関数を制御することができるコンポーネントです。 SocketHookは、Windows起動時に自動的に読み込まれ、TCPプロトコルで通信を行うさまざまなWindowsアプリケーションの通信をフックします。 SocketHook単体では何も行いませんが、SocketHookはWinsockAPI関数をフックしSocketHookLib.dllに処理を受け渡します。SocketHookLib.dllは、お客様で自由にカスタマイズ可能なライブラリでSocketHookLib.dllの処理を編集することによりアプリケーションの通信内容をファイルに書き出したり、任意のタイミングで通信を切断したり、通信先を変更したりすることが簡単にできるようになります。



特徴

Windowsアプリケーションをはじめ、Windowsサービス、コンソールアプリケーション、.NETアプリケーションなどすべてのプロセスのTCP通信をフックできます。

※ Windows、Microsoft .NETは、米国Microsoft Corporation.の米国およびその他の国における登録商標です。